トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

報告エントリー

第65回大会プログラム

第65回東北社会学会大会が2018年7月15日(日)、16日(月・祝)の2日間にわたり岩手県立大学を担当校として岩手県民情報交流センターで開催されます。6月中旬に大会プログラムを公開する予定です。

第65回東北社会学会大会報告エントリーについて

受付は5月25日に締め切りました。

企画部会エントリー受付について

「会員発案による企画部会」は、会員の皆様から自由報告部会の部会テーマと部会編成(報告者・司会者)をご提案いただくものです。第65回東北社会学会大会にて会員発案による企画部会での報告を希望される方は、以下の要領でメールにてご提出ください。企画申請代表者(オーガナイザ)となることができるのは、東北社会学会会員のみです。企画部会での「報告」は、東北社会学会会員だけでなく、東北社会学会未入会の方も可能です。この場合、未入会者の報告に関する内規が適用されますので、未入会者として報告できるのはこの1回のみとなります。

・「企画書」提出(2018年5月7日から5月11日)
書式自由の「企画書」に以下の4点を明記し、期日内に申請してください。

  • オーガナイザー名、所属、連絡先(住所・電話・電子メール)
  • 部会テーマ
  • 部会の趣旨(400字程度)
  • 予定報告数・報告予定者・報告予定タイトル(報告数は3報告もしくは4報告でお願いします。2報告以下、あるいは5報告以上の企画は受け付けません。司会は原則としてオーガナイザーに担当していただきますが、オーガナイザー自身による報告も可能です。)

・企画の採否は研究活動委員会にて審査され、5月中旬に結果をお知らせいたします。企画が採用された場合、各報告者は以下の報告単票と報告要旨を通常の自由報告募集期間に提出していただきます(2018年5月21日から5月25日)

報告単票(65)
報告要旨(68)

自由報告エントリー受付について

第65回東北社会学会大会にて自由報告を希望される方は、報告単票と報告要旨のフォーマットをダウンロードして報告単票と報告要旨を作成し、メールにてご提出ください。

報告単票(65)
報告要旨(68)

エントリーメールの記載項目

下記の項目についてメール本文にご記入の上,エントリー用メールアドレス宛にお送りください.メールのタイトルは、企画部会エントリーの際には「第65回東北社会学会大会企画部会申込(お名前)」、自由報告エントリーの際には「第65回東北社会学会大会自由報告申込(お名前)」としてください。

  • 報告者氏名
  • 所属
  • 報告タイトル
  • 報告者の連絡先
    • 電話番号
    • メールアドレス

エントリー用メールアドレス

締め切らせていただきました。

エントリー期間

(第65回東北社会学会大会の報告エントリーは締め切りました)

   

申込にあたっての注意事項

(1)自由報告部会が開催されるのは、大会2日目の7月16日(月・祝)のみとなる予定です。
(2)一人の著者が自由報告部会の登壇者として登録できるのは一報告のみです。「会員による企画部会」と自由報告部会の重複登壇、および複数の「会員による企画部会」への重複登壇は認められませんのでご注意ください。(ただし、登壇しない共著者という形であれば複数の報告への登録が可能です。)
(3)メールには報告単票と報告要旨を必ず添付してください。ファイル名は「報告単票(天神沢泉)」「報告要旨(天神沢泉)」のように、報告者の氏名(共著の場合は第一執筆者のみ)を追加してください。
(4)発表に際しては、PC用プロジェクタの使用が可能です。(大会時に開催校側で用意するPCについては、後日情報を追加します。)

受領確認について

エントリー締め切り後,5月27日(日)までの間に受領確認メールをお送りします.エントリーをされた方で上記期日までに受領確認メールが届かない方は,お手数ですがその旨研究活動委員会(小松丈晃)までご連絡いただければ幸いです.連絡先:komatsutake■gmail.com(■ 部分は@ )

問い合わせ

報告エントリーに関するお問い合わせは,下記までお願いいたします.

研究活動委員会  tss-knkt■ml.tohoku.ac.jp (■ 部分は@ )


最終更新時間:2018年06月07日 15時11分13秒

2855 counts since Apr 2013