トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『ジンメル―つながりの哲学』

菅野仁著 『ジンメル―つながりの哲学』(日本放送出版協会 )

菅野仁著、2003年4月30日刊、NHKブックス。

社会になんとなく疎外感を抱くことはないか。

自分の居場所などないと思えたり、自由に生きることを阻む檻のように感じたり……しかし、社会はあらかじめ存在するのではなく、人と人の日々のコミュニケーション=相互作用の集積から生まれるもの、そう考えれば、おのずと社会との関係の結び方が見えてくる。

そして、「私から社会へ」を考えることは“ほんとうの自分”を振り返ることにつながる。
個と社会の問題にこだわり、よりよく生きる道を模索したジンメル思想を現在を読み解くツールとして捉え直す、気鋭の社会学者によるスリリングな試み。
 

目次

序 章  私の社会学体験―ジンメルとの出会い
 第 1 章 「ジンメル」とはだれか?―相互作用論的社会観の特徴
 第 2 章 社会をどこから見るか
 第 3 章 社会学は何を問題としてきたのか?
 第 4 章 社会の成り立ちと「ほんとうの私」との関係
 第 5 章 「秘密」とは、コミュニケーションを拒否した態度か?―他者との「距離」をどうとるのか
 第 6 章 「闘争」がダイナミックな人間関係を作る
 第 7 章 貨幣の“現象学”―“私から社会へ”つながるメディアとして
 第 8 章 ハイ・モダニティとしての現代―人間関係の相互性を時代とともに考える
 終 章  “私から社会へ”のルート探し―“根性なしの社会学”からの出発

書評

  • 濱日出夫氏(慶應義塾大学文学部教授), 2004年3月, 『ジンメル研究会会報』.
  • 苅谷剛彦氏(東京大学大学院教育学研究科教授), 2003年6月1日, 『朝日新聞』朝刊.

最終更新時間:2007年02月13日 17時59分52秒

2554 counts since Apr 2013